九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 超高速ネットワークを利用したアジア遠隔医療プロジェクト TEMDEC (Telemedicine Development Center of Asia) 活動報告 : 第 17 巻 ht

आकार: px
पृष्ठ पर प्रदर्शन शुरू करें:

Download "九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 超高速ネットワークを利用したアジア遠隔医療プロジェクト TEMDEC (Telemedicine Development Center of Asia) 活動報告 : 第 17 巻 ht"

प्रतिलिपि

1 九州大学学術情報リポジトリ Institutional Repository 超高速ネットワークを利用したアジア遠隔医療プロジェクト (Telemedicine Development Center of Asia) 活動報告 : 第 17 巻 出版情報 : 超高速ネットワークを利用したアジア遠隔医療プロジェクト 活動報告. 17, 事務局バージョン : 権利関係 :

2 9. 技術者研修プログラム

3 活動報告 APAN プログラム APAN 49 Medical WG TET (Telemedicine Engineering Training) ENGINEERING WORKSHOP Local Engineering Team of APAN Medical Working Group, Telemedicine Development Center of Asia () (NP time, GMT+05:45) : March, 2020 Institutional Updates : Mar 3(Tue) 17:00-18:00, Mar 4(Wed) 17:00-18:00 Session Review : Mar 6 (Fri) 13:30-17:00 VENUE : Dynasty Hall, Yak & Yeti Hotel, Durbar Marg, Kathmandu (Medical WG room) March 3 (Tue) 17:00-18:00 (60min) (5 min presentation+3 min QA) 1. Updated institution such as network, systems, engineering staffs, etc. (if any) 2. Training experience. 3. Future plan. 1. Karnali Academy of Health Sciences, Binod Adhikari 2. Nyaya health Charikot, Narayan Chhetri 3. Dhulikhel, Sushil Napit 4. Chaurjahari, Kripesh Panta 5. Manamohan Memorial, Arvind Thakur 6. Institute of Medicine, TUTH, Gunjan Ranjitkar 7. Kathmandu Model, Rojen Shahi March 4 (Wed) 17:00-18:00 (60min) Institutional Updates Chairs: Kuriko Kudo (, ) Rojen Shahi (Kathmandu Model, ) Institutional Updates (5 min presentation+3 min QA) Chairs: 1. Updated institution such as network, Mohamad Zahir Ahmad (, Malaysia) systems, engineering staffs, etc. (if any) Gunjan Ranjitkar (Institute of Medicine, TUTH, ) 2. Training experience. 3. Future plan. 1. Jigme Dorji Wangchuck National Referral Peldon (JDWNRH), Bhutan 2. Khesar Gyalpo University of Tshering Samdrup Medical Sciences of Bhutan (KGUMSB), Bhutan 3. Bir, Tilak Sunuwar 4. Manakamana, Pradeep Kumar Chaudhary 5. Gandaki Medical College, Upendra Chaudhary 6. Shahid Gangalal Heart Center, Sujan Baskota 7. Rural Health care Center Nangi, Toya Ram Pariyar March 6 (Fri) 13:30-13:40 (10min) 13:40-15:00 (80min) (5 min presentation) 1. Technical review (network, audio/image, presentation, overall) 2. Problem, action and future plan. 15:00-15:30 (30min) Break Report Kuriko Kudo (, ) 1. Dental session Tunggul Laksono (Brawijaya University, Indonesia) 2. Surgery session Mohamed Ishaq Zackaria (, India) (remote) 3. HPB session Inho Lee (Seoul National University Bundang, South Korea) (remote) Shunta Tomimatsu (, ) 4. Ophthalmology session Le Vuong Quy (108 Military Central, Vietnam) (remote) 5. Endoscopy session Ahmad Helmy Bin Zainal Abidin (, Malaysia)(remote) Mohamad Zahir Ahmad (, Malaysia) Discussions (30 min) 15:30-16:50 (80min) (5 min presentation) 1. Technical review (network, audio/image, presentation, overall) 2. Problem, action and future plan. Discussions (30 min) 16:50-17:00 (10min) Closing Remarks Session review from chief engineers -1 Chairs: Tunggul Laksono (Brawijaya University, Indonesia) Gunjan Ranjitkar (Institute of Medicine, TUTH, ) Session review from chief engineers -2 Chairs: Mohamad Zahir Ahmad (, Malaysia) Rojen Shahi (Kathmandu Model, ) 1. Cardiology session Md. Sajidul Islam(Bangladesh Research and Education Network, Bangladesh) (remote) 2. Rural Telehealth session Darwin Laurencio (University of the Philippines, Philippines General, the Philippines) (remote) 3. MIS session Wiraphon Manatarinat (Mahidol University Siriraj, Thailand) (remote) 4. Technology session Ahmad Helmy Bin Zainal Abidin (, Malaysia) Mohamad Zahir Ahmad (, Malaysia) 5. Rural Healthcare session / Urology session Rojen Shahi (Kathmandu Model, ) Niraj Acharya ( Research and Education Network, ) Nirajan Parajuli ( Research and Education Network, ) Udaya Koirala (Kathmandu Model, ) Team RED Team BLUE Chief engineers and Organizers TRAINER Mr. Gunjan Ranjitkar Institute of Medicine, TUTH TRAINER Mr. Rojen Shahi Kathmandu Model Mr. Mohamed Ishaq Zackaria India Rural Healthcare / Urology Mr. Nirajan Parajuli Research and Education Network Dr. Shuji Shimizu TRAINER Mr. Mohamad Zahir Ahmad Malaysia TRAINER Mr. Tunggul Laksono Brawijaya University Indonesia HPB Mr. Inho Lee Seoul National University Bundang South Korea Rural Healthcare / Urology Dr. Udaya Koirala Kathmandu Model Dr. Tomohiko Moriyama Mr. Upendra Chaudhary Mr. Binod Adhikari Ophthalmology Mr. Le Vuong Quy Dr. Noriko Isobe Gandaki Medical College Karnali Academy of Health Sciences 108 Military Central Vietnam Mr. Sujan Baskota Shahid Gangalal Heart Center Mr. Tilak Sunuwar Bir Endoscopy / Technology Mr. Ahmad Helmy Bin Zainal Abidin Malaysia Ms. Kuriko Kudo Mr. Toya ram pariyar Rural Health care Center Mr. Pradeep Kumar Chaudhary Manakamana Cardiology Mr. Md. Sajidul Islam Bangladesh Research and Education Network Bangladesh Mr. Shunta Tomimatsu Mr. Narayan Chhetri Nyaya health Charikot Mr. Arvind Thakur Manamohan Memorial Rural Telehealth Mr. Darwin Laurencio University of the Philippines Manila the Philippines Mr. Masahiro Kohmatsu Mr. Sushil Napit Dhulikhel Mr. Tshering Samdrup Khesar Gyalpo University of Medical Sciences of Bhutan Bhutan MIS Mr. Wiraphon Manatarinat Mahidol University Siriraj Thailand Mr. Kripesh Panta Ms. Peldon Rural Healthcare / Urology Mr. Niraj Acharya Chaurjahari Jigme Dorji Wangchuck National Referral Bhutan Research and Education Network 162

4 技術者研修プログラム レポート Asia Pacific Advanced Network 49 医療ワーキンググループ遠隔医療技術者研修場所 : オンライン開催期間 :2020 年 3 月 2 日 ~3 月 6 日 第 49 回 APAN 会議はネパール カトマンズで開催が予定されていたが 世界的な COVID-19 の流行を受け中止となった しかしこれまでオンラインで活動してきた APAN 医療ワーキンググループは予定通り開催することができた 開催予定であった 11 セッションのうち 歯科 眼科 内視鏡 循環器 地域医療 低侵襲外科などの 9 セッションが開催された 18 カ国の 76 施設が参加し 10 ヶ国の 123 施設へストリーミング配信がなされた 本技術研修も全て遠隔で実施されたが これは初めての試みであった ネパールの 12 施設から 12 人の研修者と アジアの 3 ヶ国 4 施設から 4 人の指導者を 2 つのグループに分け 接続テストと本番に参加させた 期間中 4 回のワークショップが実施された 各 研修者から自施設の紹介をするセッションでは インターネットの状況が非常に不安定な施設もあったが 多くの参加者が発表することができた また セッションレビューでは 各セッションを取りまとめたチーフエンジニアからテレビ会議システムの革新によって技術的なハードルが低下していることが報告され 接続テストの必要性について議論がなされた 終了後 指導者による評価では トラブルシューティングや機器操作など 遠隔では評価できない項目が多くあることが分かった また通信環境が充分でない参加者は全く研修に参加できなかった 遠隔によるコミュニケーションの重要性を改めて感じたよい機会となった 低侵襲外科セッション 循環器セッション エンジニアワークショップ COVID-19 により変更されたセッションスケジュール ( 工藤孔梨子 ) 163

5 活動報告 APAN レポート Asia Pacific Advanced Network 50 医療ワーキンググループ遠隔医療技術者研修場所 : オンライン開催期間 :2020 年 8 月 3 日 ~ 7 日 第 50 回 APAN 会議は香港が主催国であったが 継続的な COVID-19 の流行により オンラインでの開催となった 15 のセッションが開催され 24 カ国の 119 施設が参加し 28 ヶ国の 495 施設へストリーミング配信がなされるという これまでと比較しても大きな規模の会となった また COVID-19 や救急医療 公衆衛生など 新たなプログラムが企画された 技術研修としては 現地会場への招へい者がいなかったため それぞれのセッションのチーフエンジニアが参加するローカルエンジニアを指導しながら実現し 最終日のワークショップで担当セッションについてレビューを執り行った 全体的に大きな問題が起きることも少なく 手術映像などの医療資料 が Zoom を用いてかなり高解像度で共有できるようになったことには皆が驚いた コロナ禍で Web 会議システムが一般に浸透し システムのスペックやユーザインタフェースデザインが急速に改善されたことが要因であると考える 求められる技術支援も変わってきているため 本トレーニングのあり方についても 今後見直す必要がある 今回各国の技術担当者達と久しぶりに集い それぞれ自施設の遠隔医療の支援にあたっていることを共有できた 長年培ったメンバーが それぞれの施設でそのスキルを活かしていることや その苦労を共有でき 感慨深い会となった 医療 VR セッション セッション セッションスケジュール エンジニアワークショップ ( 工藤孔梨子 ) 164

6 技術者研修プログラム 9-3. APAN プログラム - 技術者研修 Opening Remarks and Self Introduction Kuriko Kudo / 13:00-13:10 The 51st APAN Meeting Engineering Workshop Fri ONLINE Report Technology Opthalmology Public Health Dental Sakura Science Discussion Closing Remarks Kuriko Kudo / Mr. Mohd Hafiz Zakaria Ms. Premila Mohan Sankara Nethralaya India Mr. Md. Sajidul Islam Bangladesh Research and Education Network Mr. Tunggul Laksono Brawijaya University Mr. Shunta Tomimatsu Mr. Mohamed Ishaq Zackaria Jawaharlal Institute of Post Graduate Medical Education and Research () Tunggul Laksono / Brawijaya University Opening Remarks and Sellf Introduction Cao Duc Minh / NASATI Office Mr. Inho Lee HPB Seoul National University Bundang Mr. Chakaphan Sookcharoen ECE Chulalongkorn University Mr. Rojen Shahi Rural Healthcare Kathmandu Model Mr. Ti-Chuang Chiang Cardiology National Taiwan University Ms. Yoshiko Houkabe PHC Mr. Wiraphon Manatarinat MIS Mahidol University Siriraj Discussion Closing Remarks Ti-Chuang Chiang / National Taiwan University 13:10-13:20 13:20-13:25 13:25-13:30 13:30-13:35 13:35-13:40 13:40-13:45 13:45-13:50 13:50-14:20 14:20-14:30 15:00-15:10 15:10-15:15 15:15-15:20 15:20-15:25 15:25-15:30 15:30-15:35 15:35-15:40 15:40-16:20 16:20-16:30 The 51st APAN Meeting Engineering Workshop Chief engineers and Organizers Chair Mr. Cao Duc Minh NASATI Office Vietnam Chair Dental Mr. Tunggul Laksono Brawijaya University Indonesia Dr. Shuji Shimizu Mr. Masahiro Kohmatsu Chair Cardiology Mr. Ti-Chuang Chiang National Taiwan University Taiwan Mr. Mohd Hafiz Zakaria Malaysia Technology Dr. Tomohiko Moriyama Ms. Miho Hayata Mr. Chakaphan Sookcharoen ECE Chulalongkorn University Thailand Mr. Mohamad Zahir Malaysia Technology / ECE Chair Ms. Kuriko Kudo Ms. Yumi Mori Ms. Premila Mohan Sankara Nethralaya India Opthalmology Public Health Mr. Md. Sajidul Islam Bangladesh Research and Education Network Bangladesh Mr. Shintaro Ueda Mr. Mohamed Ishaq Zackaria India Mr. Rojen Shahi Kathmandu Model Rural Healthcare Mr. Inho Lee HPB Seoul National University Bundang South Korea Mr. Wiraphon Manatarinat Mahidol University Siriraj Thailand MIS PHC / Ms. Yoshiko Houkabe Sakura Science / Mr. Shunta Tomimatsu Pictures taken at the conference will be published in home page, annual report and conference presentations. The presented materials in the conference will be published in home page, annual report and conference presentations. For more information, please refer to the policy in website ( 165

7 活動報告 プログラム - さくらサイエンス 166

8 技術者研修プログラム 167

9 活動報告 レポート Asia Pacific Advanced Network 51 医療ワーキンググループ遠隔医療技術者研修場所 : オンライン開催期間 :2021 年 2 月 1 日 ~ 5 日 本会では 2 月 1 日 -5 日の 5 日間で開催された APAN- 医療 WG のセッションの技術的な取りまとめを行ったチーフエンジニアによる技術レビューを行った 今回は外科 内科 眼科 歯科 公衆衛生 地域医療などの 14 の医療セッションが開催され アジア太平洋を中心に イギリスや米国を含む 24 カ国の 124 施設が接続された また セッションはライブストリーミング配信され 11 カ国の 286 名が視聴した コロナ禍における医療従事者への ICT の活用の広がりは目覚ましく 医師が自分で参加し 動画を含む資料共有さえも技術的支援を必要としないケースが増加していた また 以前は多大な時間を要していた事前の接続テストもほぼ不要になり 多くの場合で直前のテストで十分であるということも確認できた 各国のチーフエンジニア達も 経験を積み重ねたことで非常にスムーズにセッションを進行させることができた その一方で ストリーミング開始の 遅れや またアクセスリンクの急な変更 ストリーミング品質確認不足 トラブル時への全体アナウンスやプログラムの更新遅れなど 視聴者目線からは未だに不十分な部分が多くあった 担当者が遠隔会議を実施するだけで満足してしまい 視聴者からの見え方まで配慮が行き届いていないことが問題であり 今後 技術とコーディネート業務のスムーズな連携が必要である ICT 技術の進歩が目覚ましいが 多くの人が活用するようになったことにより 運用や ユーザビリティ また様々な人が使用するうえでの配慮における問題点が表出しており 今後の課題となっている 本ワークショップを通じて アジア各国の遠隔医療教育の核となる技術者たちと 実働を通じて情報共有することができた このような会は目標や課題における共通認識を確認する場として今後の国際間の遠隔医療教育のさらなる活用のために大きな意義がある セッションスケジュール セッションレビュー ( 工藤孔梨子 ) 168